チチガ

チチガに有効なミョウバン水の作り方

投稿日:

ミョウバン水を使う

消臭効果が高いと評判のミョウバン水。

具体的にどういう風に作ればよいでしょうか?

この記事ではチチガにも効果的なミョウバン水の作り方を記載します。

 

 

ミョウバン水の効果

ミョウバン水の効果

ミョウバンはカリウム・アルミニウムなどを含んだ復塩の総称です。

ミョウバンは古代からとても幅広い用途に使用されていて、高い収れん作用(消臭作用)と殺菌作用で脇の制汗剤としても使われてきました。

 

ミョウバンは水に溶けると酸性になります。

体臭(チチガ)は汗と皮脂をと皮膚表面の雑菌が分解して臭いが発生します。

ミョウバン水を塗ると皮膚の表面を酸で殺菌するため、雑菌の増殖を防ぎニオイが発生しにくくなります。

また、科学的な根拠は明らかになっていませんがミョウバンには制汗作用があります。

この殺菌作用と制汗作用で臭いが抑えられる仕組みになっています。

 

ミョウバン水の作り方

 

さっそく、ミョウバン水を作ってみましょう。

今回は450mlの水にミョウバンを15gを使用してみます。

 

用意するもの

ペットボトル500ml

ミョウバン5グラム

計量器(量り)

 

とはいっても作り方は超簡単。水とミョウバンをペットボトルに入れてペットボトルを振って混ぜ合わせるだけ。

白くにごっています。

これはミョウバンがまだ水に溶けていない状態です。

完全に溶けきって透明になるまで待ちましょう。

時間は大体1日おけばキレイに透明になっているはずです。

透明になりました。

これで完成です。

 

ミョウバン水の使い方

出来上がったミョウバン水をスプレーボトルに移しかえます。

気になる所にスプレーしてください。

肌が弱酸性になるので、汗のアルカリ性と反応して匂いを中和して消臭してくれます。

※ミョウバン水はどのくらいもつのか?

作ったミョウバン水は冷蔵庫に保管すると1か月くらいはもちます。

でも、肌に直接塗るものなので1週間から2週間で新しいものに作り替えることをおすすめします。

※ミョウバンと水を混ぜる割合

「1500ml(1.5リットル)の水」に「50グラムのミョウバン」を基本としてください。

水150ml:ミョウバン5グラム
水300ml:ミョウバン10グラム
水450ml:ミョウバン15グラム
水900ml:ミョウバン30グラム
水1500ml:ミョウバン50グラム

さらに消臭効果を高めたい場合

水の代わりに緑茶を使用してミョウバン茶を作ります。

お茶のカテキンが消臭効果をさらに高めてくれます。

 

ポイント

※ミョウバン水を使用する際には事前にパッチテストを行ってください。

いきなり顔や皮膚の薄い所に塗るのは避けましょう。

※使用する前に乳首や脇の汗をキレイに拭いてから使用するとより効果的になります。

 

いろいろな臭い消しに使ってみた

まずはチチガに使いました。

私は汗をかくと自分でも分かるくらい胸の臭いがキツイです。

塗った直後は確かに臭いもないし、汗もかきにくくなります。

ミョウバン水を使った後に汗をかくとまた臭いが復活してきました。

ワキガに使ってみた。

脇の臭いもチチガと同じように塗った直後は臭いが抑えられています。

でも、何回も使っていると肌が乾燥してきてヒリヒリしてきます。

おそらくミョウバンは「保湿効果がない」のと「弱酸性」のため、肌が荒れかけているのだと思いました。

靴の消臭に使ってみた

一日中履いていてムレてキツイ臭いをしていたパンプスに吹きかけてみました。

次の日の朝にはかなり臭いが抑えられていました。

靴の臭い消しにはおすすめです。

ブラジャーに使ってみた

汗をかくと乳首や乳輪の周りに黄色い汗ジミができるワタシ。。脱いだブラジャーの臭いを嗅ぐとツーンと嫌な臭いがします。

ブラジャーの黄ばみ部分にミョウバン水を吹きかけて一晩放置しました。

すると、明らかに臭いが薄くなっています。

洗濯した後にうっすら臭いが残っている時があるのですがその時に使用すると完全に臭いが消せる気がしました。

服の臭い消しに使ってみた

チチガだけでなくワキガ持ちの私ですが、Tシャツの脇部分に使ってみました。

今回も一晩放置してみました。若干ですが臭いが薄くなった気がします。

枕カバーに使用してみた

朝起きた時に枕が汗ビッショリ・・枕カバーにも汗で色が変色しているし、変な臭いがします。

朝ミョウバン水を5プッシュくらいして夕方まで放置。

夕方に臭いを嗅ぐと無臭でした。かなり使えます。

 

ミョウバン水を使ってみた感想

コスト重視の方にはミョウバン水はおすすめ。

とにかくミョウバン水は100円あれば作れてしまうので、コストをかけたくない人にはおすすめです。

体の部分以外にもお風呂の浴槽の汚れを落としたり、靴の臭いを消したりいろいろな用途に使えます。

ただ、ミョウバン水は簡単に作れますが手間がかかるのと保湿効果がないために肌が乾燥してしまいます。

本格的にチチガ(体臭)ケアしたい人は専門のクリームを購入するかクリニックに相談に行くことをおすすめします。

-チチガ
-,

Copyright© 誰でもできるチチガ対策 , 2018 All Rights Reserved.